借金が返せないならすぐ弁護士に相談するべき

借金が膨れ上がってしまい、返済がままならない時の対処法を紹介します。
これは突然収入が無くなり、借金返済の目途が立たなくなったような人にも有効なので、ぜひ覚えておいて欲しいです。
借金は放置しておくとどんどん膨れ上がって行ってしまいます。
返済できない借金を抱えるのは圧迫感がひどく、体調を崩してしまう人も居るほどです。

 

借金が返済できないと思ったら、すぐに弁護士へ相談しましょう。

 

弁護士に相談すると借金の減額を行えないか調べてくれます。そして、減額が妥当だと判断し、あなたが弁護士へ依頼を行えば減額を行ってくれるでしょう。
任意整理と言う手段であれば、借金が3割も減る可能性があるのです。
どうしてこのような効果があるかと言うと、過払い金の有無を調べてそれを取り戻すからです。

 

この過払い金は誰にでも発生している可能性あり、返済期間が長期間になれば確率は上昇していきます。
数万程度の過払い金でも取り戻して借金返済に当てれば、返済が早まるでしょう。
また、任意整理では利息を帳消しにする相談を債権者と行うことになります。
この交渉は弁護士が行ってくれるので、あなたが直接債権者に何か言う必要はありません。

 

減額効果が期待できるだけでなく、長い期間を掛けて返済するプランが適応されますし、話し合いがまとまるまで借金の取り立てを停止させる効果もあります。
基本的に債務者を守るルールが適応されるので、借金返済で追い詰められた人は弁護士事務所へ駆け込むことで状況を打開できるかもしれません。

 

任意整理では減額できる金額がある程度決まっていますが、場合によっては自己破産を行う方が良いケースもあるでしょう。

 

返済できない借金を抱え続けても意味が無いのは明白です。

どうやっても返済できないのなら自己破産により借金を白紙に戻すのも良いでしょう。
煩雑な手続きや裁判所へ行くことになりますが、弁護士へ相談しているなら書類作成も受け答えも行ってくれるので心配しなくても大丈夫です。
費用は高く30万前後のお金が掛かりますが、分割払いを許可している事務所もあるので問題は無いでしょう。

 

今、借金はいくらあるのでしょうか?

月々の収入と見比べて、この先完済できる目途はあるのでしょうか?
お先真っ暗な絶望的状況なら、家族や友人に相談するよりも弁護士に相談するべきです。
大切なのは一緒に困ってくれる人では無く、問題を解決してくれる助言をくれる人です。
この期待に応えられるのはお金を貸してくれる人か、借金を減額する弁護士しか居ないのです。

借金は債務整理で減る可能性がある

返せない借金は抱えているのではなく減額するようにするのが適切です。
借金を返済できなければ、あなたも相手も両方が困る事態になってしまいます。
そんな誰も幸せにならない状況は絶対に回避するべきなのです。

 

そこで活用したいのが弁護士に依頼する債務整理です。
この債務整理を行うと高確率で借金が減る可能性があります。

 

債務整理には誰でも利用できる任意整理と、特定の人が利用できる個人再生、そして債務整理の最終手段である自己破産が存在します。

 

まず、任意整理は誰でも利用できる反面、減額できる金額は少なく借金総額の約2割しか減らせません。
しかし、この任意整理により過払い金が戻ってくれば減額が100%を超えることもあるので活用する方がお得です。
また、利息のカットを行うのも任意整理の特徴です。原則として会話による交渉がベースなので、相手が応じてくれないケースも少なからず存在していますが、大体の場合は打開案による和解が行われています。
利息のカットと残った借金を3年の分割払いにできるので返済がかなり楽になるでしょう。
一定の金額を一括返済するのを理由に、借金総額の減額を交渉するケースもありますが、この任意整理は法的な強制力がないのが悔やまれます。

 

個人再生では、利用できる人がある程度制限されるデメリットがありますが、それ以上のメリットとして借金の80%を減額する効果があるのです。
自己破産と違いマイホームや車を手放さずに行えるのも人気ですし、数千万の借金を数百万へできれば、完済も現実味を帯びてきます。
株の投資やFXでの失敗により、この個人再生を行う人が多いようです。
ちなみに、この個人再生を利用する条件として、安定した収入が無ければなりません。無職だと利用できないので注意しましょう。

 

無償で、莫大な借金を抱えているなら自己破産

自己破産は知っての通り、借金をすべて帳消しにして新しい人生の幕開けとなります。
ただし、マイホームや車などは任意売却、競技売却しなければなりませんし、ほとんどの財産を捨てるので覚悟を決めましょう。
結婚指輪のような思い出の詰まった品物も例外ではありませんし、それを拒むことはできないのです。
ですが、借金が返せずに苦汁を舐め続けるよりは自己破産してしまった方が負担は減るのではないでしょうか?

 

借金は債務整理により間違いなく減らせます。

ただし、一つだけ注意しなければならないことがあります。それは、減額されない借金があると言うことです。ギャンブルや悪意によって発生した慰謝料請求などは免除されません。
借金が出来たら自己破産しようと安易に考えるのは失敗なので勘違いしないようにしましょう。

任意整理って何?

借金が返せない時の債務整理で、一番良く利用させるのは任意整理です。
任意整理がどんなものなのか、細かく紹介しようと思います。

 

借金をした時に、この任意整理を行うと借金の減額を行えます。
これは誰でも利用可能なので、主婦でもフリーターでも、無職であっても利用ができます。
この任意整理を行うには個人で手続きする方法と弁護士、司法書士へ依頼する方法があるのですが、
基本的には専門家に依頼するのが無難でしょう。
多少の費用は掛かりますが、確実に借金の減額ができるはずです。
個人で行うには法律の知識が無ければなりませんし、書類作成や手続きも順を追って行わなければなりません。
期間も、数ヶ月から半年かかるケースもあるので、根気と時間が必須となります。
それでもまだ個人で行う人は、不当な和解案を受け入れないように万全の準備を行って行きましょう。

 

専門家に依頼する場合は、原則として任せっぱなしで問題ありません。
交渉はすべて専門家が行ってくれますし、書類の作成も任せておけば大丈夫です。いくつかの書類は言われた通りに作成すれば万事解決します。

 

そして、肝心の任意整理による減額効果ですが、今後支払う借金を3割程度軽減できるでしょう。
任意整理の際は過払い金が無いか利息の引き直しを行いますので、過払い金の金額によっては4割、5割以上の減額も期待できます。
過払い金の返還請求についても専門家が手続きを行ってくれますので心配無用です。

 

今後の利息に付いても発生しないように交渉をします。
そのため返済中に、利息で借金が増えるリスクが回避されるのです。
減額後の借金は3年間の分割払いにできますし、利息が無いので着実に完済を目指せるでしょう。

 

次に任意整理の費用ですが、弁護士に依頼すると最低でも4万、高いと15万以上の費用が発生します。
借金中の出費としては重たいですが、弁護士は借金の金額に関わらず依頼を受けてくれます。
借金の金額が1000万を超えるなら弁護士の方が対処しやすいでしょう。
司法書士へ依頼するなら金額は2万か3万あれば費用は十分です。
ただし、減額する金額が140万を超える案件は司法書士には引き受けられないので注意しましょう。

 

任意整理についてまとめると、過払い金の有無を調査し、利息をカットするのと3年間の分割払いを可能にする和解交渉を行います。
依頼する相手は弁護士か司法書士が最適で、頼む専門家によって費用が2万から15万程度かかります。
結論としては確実に借金を減額できるので、返済できなくなったら頼ってみましょう。